心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―



心連心トップページ > 高校生招へい事業 > 留学生の今を知る > 日本の暮らしあれこれ > [vol.17]中国高校生たちに聞きました!「日本で面白いと思ったところ」

日本の暮らしあれこれ [vol.17]中国高校生たちに聞きました!「日本で面白いと思ったところ」

「中国高校生長期招へい事業 第12期生」として、2017年9月から2018年7月まで日本で生活した中国の高校生たち31名に、日本と中国ではどんなところが違うか、日本で生活してみて感じたことなどを聞いてみました。
日本人にとっては当たり前のことでも、彼ら・彼女らにとっては面白く新鮮に感じたり、不思議に感じることがたくさんあったようです。

※内容はあくまで生徒個人の感想です。

日常生活

・ATMの手数料が曜日や時間によって違う

・りんごを切って食べる

・車よりも通行人を優先する

・「すみません」「ありがとう」「ごめんなさい」をたくさん言う

・箸は横向きに置く  
 
 
 

学校生活

 

・昼寝の時間がない 

・宿題が少なくて自由時間が多い

・体育の授業の前に皆で一緒に着替える
(※中国の学校では1日中ジャージだから着替える必要がない)

 ・学校では上履き、体育館に入るときは体育館履き、外は外用の靴、と色々靴を履き替える 

・昼休みは教室でお弁当を食べる。
(中国では外の飲食店や学校内の食堂で食べるのが一般的)

・家庭科のような、人生に役立つ授業がある
 
 
 

社会事情

・電子マネーがあまり使われていない
 
・果物や野菜が高い

・中古品を売買するお店があって便利。しかも中古なのに質が良い
 
・サービス業の人はいつも笑顔で仕事している
 
・ゴミの分類がとても細かい

 

☆より詳しいアンケート結果は、12期生の報告書P16~20でご覧いただけます
(↓こちらのURLをクリックすると、別ウィンドウで報告書が開きます)
https://www.chinacenter.jp/japanese/invitation/pdf/report_12.pdf 

---------------------------------------------------------------------------------------

12期生が日本滞在中に書き残してくれた日記からも、彼らの様々な気づきを知ることができます。ぜひご覧ください!
https://www.chinacenter.jp/diary/index/term:12

・趙一青さんの日記「調理実習をふりかえって」
https://www.chinacenter.jp/diary/view/14819

・江  娉さんの日記「バレンタインデー」
https://www.chinacenter.jp/diary/view/15082
 

ページTOPへ