心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 日中交流センターとは > 【速報】心連心第11期生が来日しました!!

日中交流センターからのお知らせ

【速報】心連心第11期生が来日しました!!

日付:2016.09.21

【速報】心連心第11期生が来日しました!

残暑の中にも秋の訪れを感じる2016年9月6日、日中交流センターの実施する「心連心:中国高校生長期招へい事業」、第11期生となる中国人高校生31名(男子13名、女子18名)が羽田空港に降り立ちました。

 

まずは東京で、これから始まる約一年間の日本での生活準備のため、4泊5日の「来日研修」に参加しました。「生活上の注意事項」「異文化適応に関する講義」や「挨拶、食事などのマナー講習」を受けました。また、地図や路線図を片手に実際に街に出て郵便局や役所を訪れたり、電車の乗り方や日本の交通ルールを学ぶなどの実践型の研修も行いました。仲間と共に研修を受けながら、これから始まる日本での高校生活への期待を高めていきました。

 

また外務省と中国大使館教育処への表敬訪問を行い、外務省では下川 眞樹太大使、中国大使館教育処では胡志平公使参事官から日本での生活に対しての心構えなどをお話しいただき、皆、熱心に聞き入っていました。

 

9月9日、第11期生「来日歓迎レセプション」で、受入校の先生方やホストファミリーとの初対面を果たしました。はじめのうちは緊張もあり、ちょっとぎこちない日本語で話しかけていましたが、すぐに楽しげな笑い声があちこちから聞こえるようになりました。研修期間中、すっかり絆が強まった11期生の仲間たちと過ごす、最後の夜でもありました。


翌10日、「対面式」においてそれぞれの受入校の先生方にお出迎えに来て頂き、北海道から沖縄まで、23都道府県に及ぶそれぞれの生活地へと旅立って行きました。一人ひとりの物語のスタートです。生徒たちは自身の留学生活を日記として綴ってくれていますので、ぜひご覧下さい!

第11期生の日記、続々公開中!

http://www.chinacenter.jp/diary/index

ページTOPへ