心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 日中交流センターとは > 【レポート】心連心第十期生が中間研修で大阪に大集合!(前編)

日中交流センターからのお知らせ

【レポート】心連心第十期生が中間研修で大阪に大集合!(前編)

日付:2016.03.07

昨年9月に来日した第十期生31名は、2月8日(月)~12日(金)の4泊5日の日程で、大阪にある国際交流基金関西国際センターにて中間研修を行いました。皆さん、この日をずっと楽しみにしていたようです!

中間研修では、半年ぶりに同期生が各地から集合して、前半の留学生活を振り返り、後半生活の目標を立てます。

●春節を水餃子で祝う

まずは初日8日が春節(中国の旧正月)の1日目でしたので、中国の習慣にならって、みんなで餃子作りをしました。中国人にとって春節は一年の中で一番大切なイベントです!日本で初めての春節を、久しぶりに集まった仲間と一緒に過ごせることに、みんな感激しながら、自分たちで包んだニラたっぷりの水餃子を美味しそうにたいらげました。

  

●グループワークを通して留学生活前半を振り返る

翌日から2日間は研修室でグループワーク等を行いました。まずは一人ひとりがこの半年どんな留学生活を送ったのか、それぞれがパワーポイントを使って成果発表をしました。「友達がこんな風に頑張っていたんだ・・・」と、お互い良い刺激を受けていたようです。

その他に、来日後に発見した日本の良いところ・悪いところを班でまとめて発表したり、個人が抱えている留学生活の困難や克服すべきことを共有し、解決方法を話し合った後、そのことをテーマに寸劇作りを行い発表したりしました。

●和菓子作りを初体験

また、和菓子職人の明神宜之さん、小泉直哉さんをお呼びして和菓子作りを体験。初めての体験でしたが、ご指導のもと、皆が楽しそうに参加していました。3種類、「菊」、「さくら」、「水仙」の形はそれぞれの個性が出ていました。最後はきれいに作った和菓子もぺろりと完食!

 

イケメン和菓子職人さんたちと、はい、チーズ!

 

後編に続く・・・

中間研修中の第十期生の日記、続々公開中!

●劉雅軒さん「研修1日目」

http://www.chinacenter.jp/diary/view/14020

●欧子萌くん「研修ww」

http://www.chinacenter.jp/diary/view/14021

ページTOPへ