心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 日中交流センターとは > 【大学生交流事業】2016年春実施 採用チーム決定!

日中交流センターからのお知らせ

【大学生交流事業】2016年春実施 採用チーム決定!

日付:2016.02.09

2016年春実施の大学生交流事業 3チーム採用決定!

日中交流センターでは中国ふれあいの場と共同で年2回(春・秋)、日中の大学生が協力して企画から運営まで行う「大学生交流事業」を実施しています。同事業への参加は、企画公募によって決定しています。
今回、公募の結果、特色ある企画を立案し交流に対して積極的な意欲を見せた3チームを採用し、中国ふれあいの場へ派遣することに決定しました。
各チームの中国派遣先、企画内容については、以下のとおりです。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
 
1)チーム:京英会2015リターンズ(東京外国語大学・一橋大学大学院4名)
内容:日本のアニメ・マンガに登場する日本の伝統文化や生活様式の体験。「家庭」「学校」「お祭り(縁日)」をテーマにしたブースを企画。
現地受入れ先:連雲港ふれあいの場、淮海工学院
渡航日程案:2016年 3月15日(火)~3月21日(月)

2)チーム:K-line(インカレ@仙台5名)
内容:地元仙台の魅力を、春夏秋冬の4ブースに分けて紹介。すずめ踊り、七夕吹流し作り、ずんだ餅づくり等、体験型重視。
現地受入れ先:長春ふれあいの場(吉林大学)
渡航日程案:2016年3月22日(火)~3月28日(月)

3)チーム:CAPers(慶應義塾大学5名)
内容:東京を「伝統:浅草・日本橋エリア」「現代:渋谷・原宿・秋葉原エリア」に分けて紹介。雷おこし作り、紙漉き体験、クールジャパンクイズなど、文化体験企画。
現地受入れ先:昆明ふれあいの場(雲南師範大学)
渡航日程案:2016年4月4日(月)~4月10日(日)

上記3チームは、中国ふれあいの場での交流イベント開催に向けて、現地カウンターパートと協力しながら準備を進めていきます。

※大学生交流事業の企画・参加者の募集は、毎年4~5月(秋実施分)および10~11月(春実施分)に「心連心ウェブサイト」を通して募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

ページTOPへ