心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > ふれあいの場事業 > イベントレポート

イベントレポート

日本語スピーチコンテスト

2019年度

2019年12月7日(土)

   第八回江西省“いすゞ杯”日本語スピーチコンテストが行われました。去年に引き続き、南昌ふれあいの場は企画運営に携わりました。予選から決勝に進出した江西省の各大学の25人の選手が熱いバトルを繰り広げました。

   今年の決勝戦は、江西財政経済大学麦蘆キャンパス外国語学院1階の学術報告室で行いました。前半はテーマに沿ったスピーチ、後半は即興スピーチの2部構成です。前半のテーマに沿ったスピーチは午前8時50分から始まりました。今回のテーマは「中日の未来のために私ができること」でした。各選手は今まで学んだ日本語力を精一杯使い、大学生として自分が何をできるのかを堂々と発表しました。昼休憩をはさみ、後半の即興スピーチが午後2時半から始まりました。今回のテーマは「あなたが思う“大人”とは」でした。即興スピーチでは惜しくもミスをした選手もいましたが、今持っている力を絞り出して時間をフルに使い、発表しました。特等賞は江西農業大学の王佑晨さんが受賞しました。 

   今年のスピーチコンテストも円満に終わり、来年の大会に向けてまた一歩踏み出しました。選手たちにとっても、今回のスピーチコンテストは競争する素晴らしさと日中関係をより一層理解できる良い機会になったと思います。また、協賛していただける企業、教育機関が増え、更に大きな大会へと変わりつつあります。来年も素晴らしい大会になるように協力していきたいと思います。

 

翻訳:南昌ふれあいの場スタッフ

ページTOPへ