心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > ふれあいの場事業 > イベントレポート

イベントレポート

五十音記憶ゲームと書道大会

2019年度

2019年11月9日(土)

   日本語の仮名文字五十音の勉強は、日本語学習の最初の難関と思われます。五十音が難しいために、日本語の勉強を諦めたり、興味を失ったりする学生は多いです。広州ふれあいの場は日本語を学ぶ地元中学生を対象にした“五十音記憶ゲームと書道大会”を行いました。気楽で楽しい方式を通じて、日本語の初心者に五十音の仮名を覚えてもらい、学習意欲を奮い立たせるのが目的です。

                           

   6人グループを6つ作り、五十音記憶ゲームを始めました。ゲームは「仮名探し」、「ことば探し」、「挨拶文探し」、「五十音の順序付け」といった具合に、難易度が異なる4種類を行いました。グループで競い合い、答えのわかったグループは仮名のカードを高く上げ、早く正解した3グループに得点が与えられます。4種類のゲームが終了した時点で総得点の一番高い3チームは、賞品をもらうことができます。みんなは協力しながらも競争し、楽しくゲームに参加しました。

   ゲームの次は、仮名の書道大会も行いました。全員が、自分の一番好きな綺麗に書ける仮名を選んで書きました。仮名を大きく書いて、下にその仮名が含まれる言葉を書きます。自分の想像力と創造力を発揮し、仮名を書いて言葉を覚えました。

 

翻訳:広州ふれあいの場スタッフ

ページTOPへ