心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > ふれあいの場事業 > イベントレポート

イベントレポート

暑気払いカーニバル「赤い五月」

2019年度

2019年5月12日(日)

   夏を迎えるこの時期に過去の苦労を忘れるため、江西師範大学外国語学院は青年文化広場でカーニバル「赤い五月」を行いました。南昌ふれあいの場と日本語科の1年生だけでなく、英語科の1年生、翻訳科の1年生の全学生が参加しました。

   「赤い五月」は朝8時から午後5時まで続きました。各クラスはテントを張って、美味しいお菓子やカラフルな装飾物を机の上に置きました。日本語科の学生はアニメや小説に登場するキャラクターに扮しました。面白いゲームも準備し、派手な宣伝で他の学院の学生を誘いました。正確な統計ではありませんが、1日中行われた「赤い五月」には、約800名の参加者がいたそうです。

   「赤い五月」は円満に終わり、主催者も参加者も非常に興奮し、誰からも好評を得ました。学生は「赤い五月」を通じて、日本と欧米の文化を一層理解できました。「今から来年の赤い五月が待ち遠しくてたまらない」と言う学生もたくさんいました。

                               

   

翻訳:南昌ふれあいの場スタッフ

ページTOPへ