心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > ふれあいの場事業 > イベントレポート

イベントレポート

「お好み焼き」作り体験イベント

2018年度

2019年2月23日(土)

   中山大学広州ふれあいの場の協賛により、「お好み焼き作り体験イベント」が中山大学附属中学校の日本語クラスで行われました。43名の学生がみな興味津々で参加しました。

                            

   まず、労先生が日本の家政授業と食育文化を紹介しました。日本の小学校と中学校と高校の課程に「家庭科」という科目があることが分かりました。料理などは家庭科授業の内容です。それによって、子供の食育文化を育成させ、生活の能力を高めることが狙いだということです。

   今回、私達が体験したのは「お好み焼き」です。「お好み焼き」は大阪を代表する食べ物の一つだそうです。労先生が「お好み焼き」の作り方を映像で流しました。それから、労先生が作り方の段取りを細かく分けて、詳しく教えてくれました。

 

   そして、グループに分かれてお好み焼き製作体験を始めました。現場はとても賑やかでした。慌てて食材を準備する人もいるし、小麦粉に水を入れすぎて、生地が牛乳のようになったりするグループもありました。失敗がいっぱいありましたが、最後はみな上手にお好み焼きを作りました。

   みんな自分の作った「お好み焼き」を食べながら、「おいしい!」、「帰ってから両親にご馳走する」、「今後は自分でもこんなおいしい料理ができるよ」と楽しく話していました。

 

 

 

翻訳:広州ふれあいの場スタッフ

ページTOPへ