心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業について > 日記一覧 > 陳 鈺加さんの日記

陳 鈺加さんの日記

遅れた日記!

2019.02.28

2019.2.23 月曜日

 先週、部内発表会が終わって、昨日はその時の写真とCDをもらいました。写真を見ながら、その時の思い出も浮かびました。

 弦の先生が病気で部活にこれなくなってしまい、個人練後の合わせは本番の三ヶ日前でした。その合わせ時、自分が今までずっと弓の方向が間違い、全部やり直すことになった。「ただのみっ日間、一体どのくらい直せるだろう、本番に間に合うだろう」っとずっと心配だった。でも、やるしかないこの三ヶ日間は合唱以外、全部バイオリンの練習でした。最後の日はやっと音源についてこれました(•ω•)。疲れたげと、本当に充実なみっ日間でした!!

 今度の発表会に出る三年生はただひとりで、歌声がすっごく綺麗な先輩で、同じくソプラノを歌っています。先輩にとって、これは音楽部で最後のイベントでした。ですから、すごく大事にして、心込めて準備しているのを感じました。自分が三年生で、いろいろやることがあるのに 、部員全体がもっとうまくできるのために、たーくさんのアドバイスと意見をくれました。先輩はいつも「ここはこのほうがいいよ」、「こんな気持ちで歌いましょう」って言いながら、お手本をしてくれます。お掛けで、楽譜でたくさんのメモが増えました。やっぱり先輩は先輩だなあ、細い所も気づき、とても分かりやすいアドバイスをくてます。

 本番の約十分前、病気でずっと病院にいった先生は突然来ました!!感動の同時にめっちゃテンション上がりました!頑張るぞ!!

 第2個の合奏は練習通りにやれなかった。みなさんに申し訳ないと思ったが、悲しい場合じゃありません。これからの合唱は大きなミスはありません。これでいいです。とても満足でした。

 お客さんはそんなに多くないですが、みんな全部真剣に聞いてくれます。 本当にとてもとても楽しかったです。

  • これは日本語で投稿されたものです

コメント

ページTOPへ