心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業について > 日記一覧 > 張 晨陽さんの日記

張 晨陽さんの日記

また後の浦図書館と洋食

2019.02.11

三連休ですから、来週のテストをために、また図書館に勉強したいと思います。

私によって、図書館いつもは不思議な所だと思っています、その感じ一体はどなんものですねぇ?

いろいろな同じ年齢じゃないの読者、いろいろな内容の本の読み方、どちらは自分読む本の中で一番自分による良いのものをもらいましたか?

この嬉しい子供?この困って少年?または何の表情がない隣の年寄り者?

しないですねぇ?いつもこの質問を困っています。

子供から何歳ぐらい本を初めて読みます、知識とか思い方とか、大体は本の中からもらいました。でも何が何だかわからない時々もあるんですねぇ。

やはり、本の読む過ぎった〜(ノ´∀`*)

以上は馬鹿陽の相応ない話です、気にしないでください!

ps:隣の壱岐牛ハンバーグ本当に美味しいですよ!皆んな一緒に壱岐で食べよう!

  • これは日本語で投稿されたものです

コメント

  • メイさん

    日本はどこに行っても気軽に入れて、貸し出しもできる図書館があるので、便利だよね。お勉強もできるし、本好きにはだまらないかも~張くん、中国で図書館文化広めてみて~壱岐牛ハンバーグ、気になる。

  • 大滝さん

    後の浦ではなくて「郷ノ浦」じゃない?図書館はいいよねーー。寒くないし。本たーくさんあるし。本読んでる間いつのまにか寝ちゃってる時もあるけど・・・

ページTOPへ