心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業について > 日記一覧 > 姚 瑶さんの日記

姚 瑶さんの日記

クリスマスパーティー

2018.12.23

冬至になりましたね。中国の話によると、冬至の日に餃子を食べないと、寒い日に耳が凍って、落ちてしまうそうです。冬至が過ぎたら、夜がだんだん短くなっていき、春の気配が濃くなるでしょう。

友達のうさぎちゃんからおばあちゃんの家にクリスマスパーティーに誘ってもらいました。

 

 

おばあちゃんの家は田んぼに囲まれていて、日本っぽい庭園がありました。車から降りるか降りないうちに、一人の男の子が家の窓に上って、車向きに手を振りました。

「あ、爽くんだ。」うさぎちゃんは笑いながら、「危ないよ!」と叫びました。

 

玄関に入ったら、ちびっ子は五人もいました。男の子三人、女の子二人と、うさぎちゃんの妹さん、今小六のひかりちゃんでした。みんなでこたつを囲んで、少し喋ったりしました。「田んぼに散歩に行く人?」とうちゃんが聞いたら、子供たちはみんな立ち上がって、「行く!」「行こう行こう!」と騒ぎました。

雨上がりの空は澄んでいましたが、泥の中で遊ぶため、ちびっ子たちはレインシューズをまだ履いていました。爽くんを始め、やんちゃな子たちは、田んぼのそばに生えていた雑草のひっつき虫を摘み取って、わたしとうさぎちゃんのところに投げ続きました。

 

ひっつき虫がなくなりそうな頃、爽くんは田んぼに残っていた藁を拾って、投げ散らかしました。だけど、帰る前に、爽くんは自動車道路に落ちてた藁をきちんと拾って、田んぼに戻しました。その行動に私は、感心しました。

 

家に帰って、子供たちに秘密基地を見せてもらったり、料理の準備の手伝いをしたりしていると、パーティーが始まる時間になりました。

「ポンッ!」とクラッカーを鳴らして、みんな食べ始めました。私がサラダで作ったクリスマスツリー、ひちゃんが作ったウィンナー揚げと伸びるチーズホットドッグ、KFCのたっぷりチキン、ピザ二枚、ステーキ、カレーライス…本当に立派なご馳走でした。

 

プレゼント交換の時私はサーティワンの五百円ギフト券もらいました。嬉しかったですよ!後で子供達と「だるまさんがころんだ」や「色鬼」とかで遊んだり、写真を撮ったりして、楽しく過ごしました。別れの時は、みんなが名残惜しそうにしていました。

寮に帰ったら、なんと餃子と麻婆豆腐が晩ご飯でした。耳が落ちないですんだから快く食べました。今日の感想は「食べ過ぎた」しか残りませんでした。

みんなも冬至を楽しく過ごしましたかな?クリスマスは、どんな事をしようと思っていますか?

  • これは日本語で投稿されたものです

コメント

  • 大滝さん

    賑やかで楽しそうなクリスマスパーティー!ヨウヨウさんの日記は、内容の情景が頭に浮かぶような描写で読むのがとても楽しみです。小説家の才能があるんじゃない?

  • メイさん

    wechatにアップしてた写真、日記にも入れておけばよかった。^^冬至、水餃子食べるって知らなかった。。。たまたま水餃子が出てよかったね。

ページTOPへ