心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業について > 日記一覧 > 韓浜澤さんの日記

韓浜澤さんの日記

手記「8」

2018.04.26

4/3 明光生との初デート

    今日は明光の友達と約束して一緒に市内に遊びに行った。昼ご飯は友達からオススメの回転寿司のお店で食べた。9皿を食べた私は一番多い人だった。お金をたくさん持っていなくて千円以下で済むことにしたので、その自分との約束がないとまた何皿ぐらい入れると思っていた。また価格も激安で1皿100円で寿司が大好きな私はとても満足した。ご飯を食べ終わってから市内のアミュに行って、プリクラを撮ったり無料で着物を試着したりした。着物のお店で意外と夏さんとお友達と出会って一緒に写真を撮った。今度赤い着物が選ばれて寒色より日本っぽいし、顔色がよいと見られるし、もし機会があれば女の子がぜひ赤かピンクの着物を着てみてください~

    これで終わりだったら遊びだけのために文章を書く必要はない。今日を永久に記憶に刻みたい原因というのは、帰り道で電車を乗り間違えてホストファミリーに大変心配をかけてしまったからだ。私は鹿児島市の北に住んでいるが、西行きの電車を乗ってしまい、電車の中で「神村学園前」という放送が流したまでに全然意識できなかった。(丁さんは神村学園でお世話になっていることを知っているから、その時家行きと違う方向を意識できてすぐに電車から降りた。もし神村学園のことを知らなかったらもっと遠くの駅に行ってしまう恐れがある。丁さんありがとう笑笑。)時刻表通りに電車を待っていたけれどルームを覚え間違えたからだ。携帯で現在地から家までの経路をナビして、鹿児島市に戻ってそこから栗野行きの電車を乗り継ぎ、何時間ぐらいが費えてしまうという唯一の方法しかないそうだった。その瞬間に、どんなに自分の馬鹿馬鹿しさを恨んでも冷静に考えて間違いなく家路を辿ることしかできないのを決断した。ホストファミリーに余計な心配をかけたくないために、携帯で連絡を取り続け、即時に位置や到着駅の名前を報告しようとした。いらいらしながら気が咎めて、全身が汗だくになってしまっていた。

    東京に電車を乗ったことは何百回あるが、乗り間違えても意識し次第に、別の線路を乗り変わるのか後戻りするのか、選択肢がたくさんあるはずだから、特に大変なことが起こったことはない。しかし、ホストファミリーが住んでいるところは一日中三本の電車しかないので、利用できる電車の数が極めて少ない。今日の体験を通してよい教訓を得て、今後は電車を乗る前に必ず確認しておくことを常に心がけることにした。

4/4 天然温泉の実体は?

    今日は春休みの終わりで、ホストマザーに連れられて、栗野に温泉のある、あまり知られていないところに行った。森の奥に人気なく奥深くて静かなところだった。温泉は無機物が含められるので、石も黄色か緑色に染みられた。地下から蒸気が絶えずに湧き出しながら、石の表面に膨れを作らせた。手を土地に近づくと蒸気の流れと温かさも感じられた。深呼吸をして空気を嗅いだら自然の温泉の匂いがとても臭い気がして、それは普通に温泉に入る時、あまり想像できないことであるだろう。そして調べてみると、芳香剤が入った温泉の効果が下がってしまいがちだ。いい匂いがする温泉は、あまり効果がめだって低下しているか、全く温泉ではなく熱い水なのか、この2つの可能性にほかならない。日本に来てから一回でも温泉に入ったことがないが、せっかく鹿児島にいる時に一回行ってみたい。

  • これは日本語で投稿されたものです

コメント

  • 大滝さん

    着物を無料で着れるなんて素敵!何かのイベントだったのかな?そして夏さんと会うとは!すごい偶然だねー私もよく反対方向の電車に乗ってしまうことがあるけれど、東京だからそんなにあわてたことはないかなぁー。1日3本しか電車がないと、乗り遅れたら大変だね。でも大事なのは失敗の経験から学ぶこと。韓さんはこのように、ちゃんと反省をして、今後の教訓として心に留めているのは正しい姿勢だと思います。そしてすぐにホストファミリーと連絡をとりあったのも、正しい対処だったと思います。お疲れ様でした!

  • ふーちゃんさん

    韓さん、こんにちは、日中交流センターの後藤です。無料で着物が着れるサービスがあるんですね!確か、韓さんは中間研修では紫色の着物を着ていましたが、今回の赤い着物も良く似合ってるね(^^)b あと、日本にいるうちに、ぜひ温泉に入ってみてね!

ページTOPへ