心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業について > 日記一覧 > 趙楚軒さんの日記

趙楚軒さんの日記

冬休みの出来事

2018.02.18

冬休みに、一番印象に残ったことは、秋葉原での一日です。

アニメで日本語が好きになった私は中国にいるときはもう秋葉原を知っていました。私にとって秋葉原は、東京の次に覚えた日本の都市だと思います。

確かにそこは電機がすごく有名ですけど、私にとって、日本のアニメや映画やゲームや、さらにvocaloidが好きな人達にとっては、そこは、二次元の聖地である。

JR電車から降りて、駅も出ずにもう感心しました。駅内にはfateとlovelive!のポスターが貼ってありました。駅を出たら、すぐ向こうのビルに見える大きな「SEGA」、道でどこでも見えるパチンコの店、電気製品の店と中古フィギュアショップ。

すべてのものも、「ここは秋葉原ですよ」と強く示していました。

私はアニメントと虎の穴を見回すだけで四時間ぐらいかかりました。昼はずっと体験したかったメイドカフェで食べました。午後は中古フィギュアショップで好きなキャラのフィギュアを探したんですけど、あまり人気がないので、ショップを3つも探してやっと見つけてました。すごくうれしかったんです。

メイドカフェを詳しく紹介します。

私が行ったのは、「メイド達みんな猫でしたけど、人間に恩返しするために、人の様子になった」という設定のカフェです。ここのメイド達みんな猫耳としっぽをかぶっていました。

私はオムライスを注文しました。メイドさんはそのうえでケチャップで絵をかけます。私になんの絵と字をかけばいいって聞きました。私は「じゃあ、秋葉原で」と答えました。

メイドさんの踊りもすごく上手でした。店内はアニメのopやedや、またvocaloidの曲を流したりしていました。最後に、私は好きなメンドさんと写真を撮りました。

高っかたんですけど、まあまあ楽しかったんです。

いろんな店を見回し、メイドカフェも体験し、好きなキャラのフィギュアも手に入れて、中国の友達のプレゼントも買いました。

方向音痴ですから、帰る時電車の駅を30分ぐらい探しました。また、ホストファミリーに帰りたいのに逆方向の電車に乗ってしまったんですけど、すごく楽しい一日でした。

これが、冬休みの一番印象に残ったことです。

  • これは日本語で投稿されたものです

コメント

  • ふーちゃんさん

    趙さん、こんにちは、日中交流センターの後藤です。日本語での日記投稿すばらしい!冬休みの出来事を教えてくれてありがとう、楽しく読みました。秋葉原は趙さんにとってワクワクする街だったようですね!私も一度、メイドカフェに行った事がありますが、少し値段は高いし、料理も特別美味しいわけではないけど、あの雰囲気がとても楽しかった印象です(^^)京都でも沢山お出かけしてみてね。

ページTOPへ