心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業について > 日記一覧 > 趙楚軒さんの日記

趙楚軒さんの日記

宿舍的小事故

2017.10.17

再次写日记竟是相隔一个月之久。这期间也经历了很多事,但是……暂且不提。

今天我要说的是发生在宿舍的一件很惊险的事。

中午正独自在宿舍里的我突然听见楼道里传来刺耳的警笛声,一时有些不明所以,推门出去才发现楼道里弥漫着白色的烟雾。

house master组织我们这一层的女生从逃生楼梯下了楼,在大厅集合,这时我也从同学口中得知烟雾来自迷你厨房的微波炉。

大约二十分钟后,将烟雾排除得差不多,这层的女生便回到了宿舍楼道。貌似是微波炉里的什么食物烤焦了主人却没有发觉,黏糊糊的一团焦黑粘在盘子上。

老师非常严肃地询问我们,排查得非常仔细,从今天之内微波炉的使用者,使用时间,到加热了什么,甚至检查了垃圾桶的包装袋。我非常佩服这种认真的精神。

最后,老师查明了微波炉里的焦黑是用“厨房用纸”包裹加热,导致食物黏在盘子上造成的。这时一位同学终于承认是自己加热面包时造成的,但在大家面前不敢承认,造成这种后果还害大家一次次集合真的很抱歉之类的,边说边流下眼泪。大家则笑着安慰她,看到这一幕不知为何,我也湿了眼眶。

比较值得一提的是,在烟雾充斥楼道的时候,我的室友一直站在紧急逃生梯旁边和house master一起组织大家疏散,集合的时候还跑遍楼道挨个敲门通知,非常关心大家。这点我也十分感动。

留学生活中能有这样的体验似乎也不是很糟糕的事。愿所有出门在外的小伙伴注意安全,保护好自己。

コメント

  • ふーちゃんさん

    趙さん、こんにちは、日中交流センターの後藤です。寮で発生した小火騒ぎの原因が解決し、趙さんが無事で安心しました。正直に自分の過ちを認めるというのは、どの場面においても大切なことですね。今回のことは、趙さんにとって貴重な経験になったと思います。来日研修のときに、池袋防災館に行った事を覚えていますか?火事や地震が起きた時に取るべき行動を、時間があるときに確認してくださいね(^^)

  • 大滝さん

    寮に住んでいると、いろいろなことが起きますね。でも大事に至らなくて良かった。大切なのは自分の過ちを認めること、嘘をつかないこと、そして同じ過ちを繰り返さないこと、ですね。趙さんのルームメイトの行動は立派ですね。非常時にそのような行動ができるというのはすばらしい。是非見習いたいですね。

ページTOPへ