心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業について > 日記一覧 > 張 雨瀟さんの日記

張 雨瀟さんの日記

初夏の唄、最高の思い出(修学旅行in九州)

2017.05.26

5月14日、日曜日、晴れ。

いよいよ同じ学年の皆さんと九州の修学旅行が始まりました。

『修学旅行の目的は、旅行だけでわなく、修学は一番大切だと思っています。多感な高校生の時代、皆さんには、平和の尊さを改めてしっかりと胸に刻み、自らの生き方を見つめ直す契機としてほしい。』校長先生からの話がずっと修学旅行中頭に浮かんでいました。

私はなぜ一週間後この日記を書くのか、この時の感想は心の中の最も印象深いもののためです。

福岡の天満宮、長崎の平和記念公園と原爆資料館、鹿児島の桜島と知覧特攻平和会館、というのは、修学旅行の路線です。事前これらのところを調べましたが、本当に行く時は、思っていた以上に驚きました。

福岡、鹿児島の景色に触ったこと

資料館で、歴史を勉強したこと

ガイドさんからの話のため涙が出したこと

戦争というものは、とても残酷で、悲しいものだとわかり、絶対に繰り返してはいけないことだと思いました。特攻隊の遺書、悲しみよりも感動しました。敬意を持って友達と館内の資料を見終わりました。歴史を学ぶ。歴史から学ぶ。自分にとって本当にいい勉強です。

一方、3泊4日の旅行は、時間を守って行動し、移動が多かったので忙しかったように思います。けれども、そんな中で友達の大切さと素晴らしさを改めて感じることができました。長いようで短ったなってと思います。もう最高すぎた!時間もどってほしい!クラスも先生も、最高!帰国前みんなと修学旅行ができるのは本当に良かったです。

初夏の唄、みんながそばにいること。

最高の思い出、写真の中の微笑み。

5月17日、水曜日、晴れ。修学旅行は今日に終わりましたね。

みんな!ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • これは日本語で投稿されたものです

コメント

  • 日中交流センター 高校生チームさん

    張さん、就学旅行で福岡、鹿児島まで行ってきたのですね。帰国前にクラスメイトの皆さんといい思い出ができましたね。知覧の特攻平和会館は私も8年前の夏行ったことがあります。よかったらぜひ映画「永遠の0」も見てみてね~

  • ふーちゃんさん

    張さん、こんにちは、日中センターの後藤です(^0^)九州への修学旅行はとても楽しそうで羨ましい!九州にも美味しい食べ物が沢山ありますが、何を食べたの?戦争のことや九州のことを沢山のことを学べて、また1つ人生の糧になりましたね。感動して涙した思い出を、今後もずっと忘れずにいて下さいね。

  • 村田さん

    九州に修学旅行に行って来たんですね!私も高校生の頃、修学旅行で長崎の平和記念館や原爆資料館に行ったことを思い出します。当時の私と同じ年頃の張さんが同じ場所を訪れ、色々なことを学んだと知ってとても感慨深い気持ちです。よく学び、よく楽しんで、本当に素晴らしい修学旅行の思い出が出来ましたね!今回の経験が張さんの人生の糧になりますように。

ページTOPへ