心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業について > 日記一覧 > 寇 主銘さんの日記

寇 主銘さんの日記

三学期

2017.03.27

あっという間にもう日本での留学生活の3分の2が過ぎ去った、それを振り向いてみったらほんまに自分が色々成長しました、二学期の末からクラスが変わって、友達ももう一度作らなあかんやし、古文、漢文、現代文も急に難しくなった。なかなかしんどかった。でも、新たな環境を適応できるそのものは我々留学生に対しての挑戦の一つだと思います。三学期は短いやけどやっとクラスにちょっと打ち解けるような感じが出てきました。そのきっかけは学年末考査が終わってからのクラス会だった。

今私が入ってるクラスはみんな勉強しか考えっていないの人なので、俺がきてから打ち上げは一回もしなかった、そのため、みんなとの距離感はやはり残ってます。。。それを解消したい私にとってみんなとのパーティーみたいなやつは一番いいと思います。

三月十三日、いよいよ初めてのクラス会がきました、場所もわからない私は朝から、難波に行って探し始めた、そんなに探しにくいところじゃないので、普通にいけた。私のLineはパソコンしかできへんから、当日の集合場所が駅に変わったことは知らなかった、直接にレストランに行った私はクラスメイトをびっくりさせた、にもかかわらず、みんなと一緒に行ったわけではないから、主催者が心配させまして、ほんまに、申し訳なかった。

やはりみんなは普通の高校生から、すぐ盛り上がって、雰囲気はめちゃめちゃ良かった、このクラス会は、私にとってはみんなと仲良しになるのきっかけとも言えるし、新しいクラスでの初めての打ち上げでもあるがクラスメイトにとっては最後のクラス会である。間も無く高2生になるので、文理選択とか生物とか物理とかの選択はみんなそれぞれ違うやから、こんなに集まって、盛り上がってクラス会をやるのはもうありえへん。ちょっと悲しいかもしれへんが、それは事実。でも、みんなはそこまで考えなかったというか、せっかくの楽しい雰囲気を潰したくないというか、誰もそういう方面の話いいなかった。やっぱり、今を楽しむのが大切やね。。。

最後、みんなと自撮りしたり、冗談を言ったりして、私にとっての最初のクラス会、でも正味最後のクラス会を終わらせた。めちゃめちゃ楽しかったわ、みんなありがとう!また、高二も一緒のクラスになったらいいなあ。。。。

  • これは日本語で投稿されたものです

コメント

  • 村田さん

    クラスメイトとの距離感を縮めるべくクラス会に参加したとのこと、その積極性が素晴らしいと思います!しかも写真の感じだと、かなり打ち解けられた様ですね♪チャレンジ成功!新学期にクラス替えがあっても、今回親しくなった皆と同じクラスになれると良いですね。

  • 大滝さん

    もうすっかり大阪弁もぺらぺらだね!写真が女の子と一緒のものばかりだね(笑)

ページTOPへ