心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業について > 日記一覧 > 孫 瑞雪さんの日記

孫 瑞雪さんの日記

授賞式

2017.02.13

この半年間、部活動で絵を描いていることが生活のほとんどの時間を占めていた。でも自分としてはそれはそれで、満喫していた。まあ、遊びにでる時間を犠牲にしちゃった気はするけれど、得るものもあったし、満足していた。中期研修で、それぞれの目標を提出する課題があったんだよね。その時ある先生が、自分の作品で受賞する、なんていう目標を書いてみたら?ってアドバイスしてくれたんだけど、その場では私もうまく言葉では説明できなかったんだ。絵とかって、スポーツだ、試合だってときみたいに、頑張って努力すればそれがすぐに結果につながるものじゃないんだって……ところが私はラッキーだったみたい。

中間研修の最終日、ホストファザーからメールが届いた。内容は私が提出していた2作品のうちのひとつが全日本学生美術展の特選をとった、って連絡だった。そのときは思いっきりテンションが上がっちゃって、ネットで見てみたら、受賞者として100人ぐらいの名前が並んでいた。2等賞、ってかんじなのかな。私の学校からも他に、たくさんの受賞者がいたよ。それと団体で、全日本学生美術会賞も。

なので日曜日(2月12日)ホストファザーと一緒に、上野で行われた授賞式に参加してきたよ。電車で往復3時間、

もう、グッタリ……

忘れられない経験ができたかな。正装をしてステージの下で着席して、それから受賞者たちが一人ひとり、ステージに上って賞状を受け取る。留学中にこんな経験ができるなんて、これまで想像もしていなかった……午後に賞状を受け取って、副賞として油絵の絵の具ももらえた……良かった、これでまた絵を描きまくれる……

一番うれしかったことは!!そう!!センターの先生が二人、授賞式に来てくれたこと。ハハハ!!しかもお花とチョコレートまで持ってきてくれたなんて、本当に気を使ってもらっちゃった。すごく感謝しています:)G先生って本当にかっこよくてカワイすぎる>w<!!(コレ、本人に読まれないよね……

午後は近くのラスコー洞窟展にいってきた。本当に素晴らしかった。こんな壁画が2万年以上も前に描かれていたなんて、信じられない。洞窟ってミステリアス。発見から発掘の過程もドラマチックで……展示されている壁画はすべてスキャンで読み込んだのを3Dで印刷したもの。現代テクノロジーってほんと、すごすぎ……

コメント

  • ふーちゃんさん

    孫さん、こんにちは。日中センターの後藤です。特選受賞おめでとう!!\(^0^)/バンザーイ!!半年間、部活動に真摯に取り組んだ成果ですね!!中国のご両親にも報告しましたか?私も孫さんの描いた絵が見てみたいですね~。上野では毎日のように世界各国の美術展が開催されていますから、部活動の参考に、時間があるときにお出かけしてみるのも良いかも知れませんね。

  • 村田さん

    孫さんの作品が美術展で特選に入ったとのこと、おめでとうございます!団体でも賞を取ったなんてすごい!部活動で大きな実績を残すなんてなかなか出来ることではないと思います。孫さんは本当に絵を描くことが好きなんですね(^^)いつか孫さんの絵を実際に見てみたいなぁ。

  • 大滝さん

    特選おめでとうございました!毎日頑張って美術部に参加した成果が、コンクール入賞という形で残すことができてとてもよかったですね。またこれからの作品作りの励みになるのではないかと思います。本当にすごく上手で素敵な絵でした。先生は絵の才能がなくて下手なので、すごくうらやましいです。これからも好きな絵を描き続けてくださいね。

  • 郭 曼玉さん

    ウチの雪ちゃんは本当にすごいよ。特大のいいね!をあげるよ

ページTOPへ