心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業について > 日記一覧 > 寇 主銘さんの日記

寇 主銘さんの日記

本格的なマラソン大会

2017.01.24

前の日記で言った最初に俺を驚かせた三つの活動の二つ目が先週の土曜日に参加しました、それはマラソン大会。。。もともとの予定は今週末だったが、いきなり一週間前に移してしまった、普通の体育の授業でも走っているんですが、10.8キロはさすが初めての挑戦だった。体育部としてのバスケ部といえども外練は7キロぐらい、最初はほんまにあかんと思った。

当日の天気はまだまだ良かったけど、気温だけが低かった、初めはあんまり感じてなかったが、走るほど手がだんだん寒くなって、大げさじゃないが、最後は凍った、真っ白になってしまった。これは、予測の失敗やわ。。

場所は浜寺公園というところですが、ほんまにでかかった、路線もわからへんの私はみんなと一緒に走るしかなかった、時間と伴い、体力も下がったし、体温も低くなってきた、一応バスケ部の部員である俺のプライドだけは変わらなかった、が、これは無駄だ。。。残念。。。。

こういう風に、遅くても絶対歩まないという自己に最低な要求を持って、最後まで走り続けた。三百八十人の中で(高一、高二も含めて)164位をとった、幸いなのはバスケ部での一番遅いの人から脱出した。こういう過程で俺は本格的なマラソン大会をしみじみに体験できました。

また、次の体育行事も絶対諦めずにがんばりたいと思います。。。ps(エッサッサ)日本でしかできない高校行事をいっぱい体験した理、残りの三学期、そして新たの高二も思い存分運命で一度しかできへん物事を大切にしたいと思います。

もちろん、中間研修の間にも掛け替えのない美しい思い出をみんなと一緒に作りたいやわ!頑張ろう!後一週間だけじゃ。。。

うちの犬の散歩みち{#emotions_dlg.shine}

  • これは日本語で投稿されたものです

コメント

  • 村田さん

    10.8kmのマラソン大会に参加したとのこと、お疲れ様でした。「どやどや」やマラソン大会といった辛くて忍耐の必要なことに挑戦し、乗り越えて、「良い体験だった、貴重な経験だった」と振り返ることのできる寇さんは本当に偉いと思います。そのチャレンジ精神をこれからも大切に持ち続けて、学校の皆や、心連心の同期の仲間と素敵な思い出を沢山作って下さいね。

ページTOPへ