心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業について > 日記一覧 > 楊 正琨さんの日記

楊 正琨さんの日記

京都 伝統文化フェスティバル

2016.12.22

発表が素晴らしかったです

全国各地からの高校生がこの場で集まり、とても高校生とは思えない豊かな表現力を私達に見せました

すごく感動しました

最後の合唱曲「花は咲く」にこういう言葉がありました

「わたしは何を残しただろう」

うろうろしながら、時間を無駄にするのか…?

それとも、出演者の皆様のよう、自分自身の価値を生かすのか…?

考えさせられる発表でした

ps.司会は鳥羽の放送部で〜すbleah

  • これは日本語で投稿されたものです

コメント

  • ふーちゃんさん

    楊さん、こんにちは!日中交流センターの後藤です。全国各地の伝統文化が発表されたのでしょうか?日本にいても中々見られないので、とてもいい機会になりましたね^^まもなく年が明けますが、残りの日本留学生活も、たくさん考えて、悩んで、行動して、「何かを残せる」ように頑張ってくださいね!

  • 村田さん

    高校生による日本各地の伝統文化の発表を、実際の舞台で見られて本当に良かったですね。鳥羽高校の放送部の皆さんも司会で活躍されたとのこと、素晴らしいです!1月24日のBS放送を必ず見ようと思います。「花は咲く」は優しく少し切ないメロディと、深い歌詞が聴く人の胸を打ちますね。東日本大震災のチャリティーソングとして作られた曲ですが、様々な場面で人の心を震わせる素晴らしい曲だと思います。楊さんも自分の気持ちと重ねてぜひ歌ってみてください。

ページTOPへ