心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業について > 日記一覧 > 韋暁晴さんの日記

韋暁晴さんの日記

どうやって外国語を勉強するのか

2014.05.20

昨日、二人の後輩が私の部屋に中国語を教えてもらいに来た。

一年の時、国際文科は一年中国語を勉強したけど、授業が少ないから、みんなほとんど発音ができていない。実は私も、一年勉強しても五十音しか覚えられなかった。(笑)

でも、私は専門の教師ではないので、発音することしかできなかった。口の形をどうやったら正しい発音になるのかは分からなかった。だから、何度も何度も繰り返して言った。そしてとても抽象的な言葉で発音の仕方を教えた。

で、その時に、一人の後輩が「中国語って発音多くて難しいですよね。」「だから英語の発音も綺麗ですね。」って。そう考えたら確かに、日本語には舌を巻く発音とか、母音のe、an、子音のz、c、sとかないので、中国語との違いがたくさんある。それによって、英語のrを読むとき、普段から舌を巻くのを慣れていた中国人のほうができる。

つまり、発音ができないのはただ慣れていないだけだ。私は日本語五年近く勉強して、発音は最初の時と比べてうまくなってきていると思う。いつも練習しているのはあるが、もっとも重要なのは日本語の発音に慣れていたから。

一つの言語に慣れる方法は、二つあると思う。ひとつはその国で生活して、人と触れ合い、外国語を勉強する。もう一つは、毎日その国の映像、例えばドラマ、テレビ番組、自分の好きなジャンルでその国の文化、そして言語を学ぶ。二つともよく聞くっていうこと。

つまり、慣れたらできる。もっと時間をかけて勉強しましょう!

 

関係ない話だけど、中国語を読むと小顔効果が出るって後輩から聞いた。真実かどうかはいま疑っている。ほぼ毎日中国語を話している私はどうして顔が大きいだろう。(笑)

  • これは日本語で投稿されたものです

コメント

ページTOPへ