心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業について > 日記一覧 > 張婷婷さんの日記

張婷婷さんの日記

一生忘れなれない修学旅行

2014.05.15

 

 5月11日から14日まで、3泊4日の修学旅行に行きました。この修学旅行は九州へ行きました。5年生のみなさんと一緒に、楽しかった四日間を過ごしました。

 この修学旅行は九州のいろんなところへ行きました。11日は5時半くらい起きました。父さんから学校まで車で送ってもらいました。学校から二時間半くらいのバスで中部国際空港に行って、飛行機で鹿児島へ行きました。飛行機は初めての人もおるので、みんなのテンションすごく高かったです。一時間くらいかかって、鹿児島空港に到着しました。着いたらすぐホテルに行くではなくて、知覧特攻平和会館というところへ行きました。修学旅行に行く前、学校でみんなと一緒に「僕は君のためにこそ死ににくい」という映画を見たことがあります。だから、ちょっと知っていました。今回、自分は知覧に行って、戦死した特攻隊員の遺書とか絶筆とか写真とか、たくさん貴重な資料を見ました、勉強していました。私たちに正しく伝え世界永遠の平和はとても大切なこともしっかり理解しました。

 二日目は熊本城に行きました。以前はテレビでだけ見たことがあるんで、その時からずっと熊本城に行きたいです。今度修学旅行で行けました、すごく楽しかったです!その日は激しかった雨が降ったけど、楽しかった気持ちが溢れていました。それに、友達と熊本城の天守閣で記念写真を撮りました、素敵な思い手になりました!

 三日目は長崎での市内研修でした。よかったのはその日は晴れでした!その日、市内研修の先にクラスで平和公園で写真撮影しました。したったら、原爆資料館へ行って、資料館入場後、修学旅行前決めった班で自主研修を始めました。資料館を見学したったら出て、長崎の名物「チリンチリンアイス」を売っとる場所が見つけました。うちの班は四人で全員買って食べました。チリンチリンアイスは普通のアイスと食感とかの全然違うと思います。みんな普段食べたアイスはなめらかの感じにしますが、チリンチリンアイスはちょっとシャーベットの感じにします。それに、チリンチリンアイスは普通のアイスより甘いと思います。とてもおいしかったです!!アイスを食べたら、路面電車で研修を続いていきました。まず、出島というところに降りました。出島は日本が鎖国時代、唯一開かれた貿易、文化の拠点であったです。出島に行って、ちょっとびっくりさせたのは19世紀の西洋風の建物です。行く前ちょっと調べました、現在、みんな目の前に見せられた建物とか全部当時のままの建物、街並みを復元した様子です。

 それから、長崎の新地中華街へ行きました。そこでお昼ご飯食べてきました。中華街で中国人を二三人に会いました。とても親切の感じがしました。ご飯を食べたから、長崎孔子廟、中国歴代博物館とグラバー園に行きました。長崎孔子廟は1893年に清朝政府と在日華僑が協力して建てたもので、日本で唯一の本格的な中国様式の孔子廟です。中に入ったら、両側の壁に論語を書いてある大理石を見つけました。すごく偉かったです。博物館は後ろのほうです。紹介する人にきいた、その博物館は日中両国の相互理解と文化交流を目的に新設されたもので、中国国内の博物館が提供する中国国宝級文物を常設展示しています。そこでいろんな文物をみて、勉強できました。文物のうちに一番印象残ってるのはある小さい金印でした。それは前漢の金印で、全世界で3個だけです。一個は長崎で、一個は福岡で、もう一個は中国で置いてあり。

 市内研修は最後、グラバー園に行きました。グラバー園はとても広かったです。集合時間をしっかり守れるために、ゆっくり見る時間はなかったです。きっちんと見ました。そうなんだけど、一時間くらいかかりました。グラバー園で友達とたくさん写真を撮りました、すばらしい景色が背景として、楽しみでした!!

 市内研修は午後の四時まで終わりました。一日ほぼ歩いていて、みんなも疲れました。だから、ホテルについて、ご飯を食べ終わったら、大浴場で温泉に浸かっていきました。一日の疲れを取れて、とても気持ちよかったです。よるは友達と部屋で話をしたり、ゲンムをやったり、お菓子を食べたりしました。すごくよかったです!!

 14日は最後日でした。最後日は太宰府天満宮と九州国立博物館に行きました。ちょっとびっくりしたのは九州国立博物館で金印を見つけました。だから、この修学旅行で世界で3個だけの金印が二個見れました。とても幸せでした。帰りは新幹線で帰りました。博多駅から京都駅まで新幹線で、京都駅からバスで帰りました。3泊4日間の修学旅行、終わりました。

 この修学旅行は本当にいい経験になりました。前と違う生活を体験して、とてもよかったです。この修学旅行を通してまだ自分不足のところもよく気付けました、また2ヶ月の留学生活はどうやって大切に過ごすもよく考えました。まー、ここで父さんから教えてもらった言葉を使って、「頑張ったら頑張った分、神様必ずご褒美を与える」。。。

 それは一生忘れなれないです。。。

  • これは日本語で投稿されたものです

コメント

ページTOPへ