心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―



心連心トップページ > 高校生招へい事業 > 留学生の今を知る > 日本の暮らしあれこれ >  [Vol.4]ご当地グルメ自慢 【第三弾】

日本の暮らしあれこれ [Vol.4]ご当地グルメ自慢 【第三弾】

ご当地グルメ自慢 【第三弾】 ◇ 四国・中国・九州・沖縄編 ◇

心連心第七期生の生徒たちが紹介するご当地グルメ自慢、第三弾は中国地方から海を渡り、四国・九州、沖縄へたどり着きます。ご旅行の際には、皆さんもぜひ彼らのおすすめを召し上がってみてください!

※味の感想はあくまで個人的な意見です。

 

~ 島根 ~

◆ 宍道湖七珍(松江)

「松江といえば宍道湖(しんじこ)でしょう。宍道湖の名物は宍道湖七珍といって、そこで獲れる魚介類(スズキ、モロゲエビ、ウナギ、アマサギ、シジミ等)です。しじみは普通に味噌汁の中に入れます。レストランで食べたことがあり、味がとても良かった。七珍の値段は高いので、普段は旅行者が食べます。」[黄麗薇さん]

   

~ 岡山 ~

◆ 吉備団子

「吉備団子は岡山名物で、いつもお茶を飲むときに食べます。茶道を習ったとき食べたことがあります。おいしいと思います。」[奉煜坤くん]

 (Wikipediaより)

◆千屋牛(新見)

「千屋牛(ちやぎゅう)は新見の一番有名な食べ物ですが、とても有名ですから高すぎです。金があんまりないので、一回しか食べたことがありません。特別な肉と特別なたれで、焼肉はとてもとてもおいしい!!でも一回で五千円以上かかる。大好きです。また食べたいです。」[奉煜坤くん]

~ 広島 ~   

◆ もみじ饅頭

「広島といえば、もみじ饅頭です。お土産の店でたくさん売っています。特に宮島に行ったらどこもでもあります。もみじの形をしたあんこが入っているおやつです。初めて食べたのは友達が家に来て、お土産を持ってきたのがきっかけです。味はいろいろあります。おすすめは、つぶあん味とこしあん味です。大好きです。」[祝暁明さん]


「家でも作れます。以前、宮島に行ったとき、焼きもみじ饅頭を食べました。熱いままで食べるのはすごく美味しいと思います。」[李諾嵐さん]

 

 (Wikipediaより)

 

~ 香川~   

◆ うどん

「香川県といったら、絶対にうどんだろぅ~!瀬戸内海に恵まれ、一流の小麦粉が一流のお湯みあって、日本で一番のうどんが誕生!初めてうどんを食べたとき、びっくりしました。甘くて落ち着いている味で、と~っても不思議です。香川県の人は、うどんを食べるとき、「食べる」ではなくて、「飲み込む」です!すごい!私もやってみたけど・・・やっぱり無理(汗)~」[徐寧馨さん]

~ 高知~  

◆ 鰹のたたき

 「鰹のたたきはスーパーとかで売っていて、いつでも食べられます。味はそんなに特別ではありません(私は魚の刺身の味が全部同じだと思っていますが。。。ただ食感が違う。。。)「カツオ人間」は、高知生まれのマスコットキャラクターです。カツオのぶつ切り頭と人間を合わせたキャラクターで、『キモカワ』キャラとして活躍中。」[許佳傑さん]

  (Wikipediaより)

~ 鹿児島 ~

◆ 白くま

「『白くま』というのは鹿児島の有名なカキ氷です。氷の上にコンデンスミルクと果物があります。鹿児島市内の天文館で食べられます。コンビニでも売っています。初めて私は天文館で食べました。中華料理と白くまを食べました。その時、風邪を引いて喉が痛かったですが、白くまは本当に美味しくて、沢山食べてしまいました。私の大好物です。」[徐幸子さん]

 (Wikipediaより)

◆ 鳥刺し

「鳥刺しは鶏の肉を生で食べることです。普通の刺身はだいたい魚の肉ですが、鹿児島では鶏も使います。たくさんの種類があって、皮がついているのとついていないのと、地鶏の区別があります。魚と同じで、醤油とわさびをつけて食べると、すごく美味しいです。」[黄 晨さん]

~ 沖縄 ~

◆ 沖縄そば

「小麦粉の麺を用いる沖縄独特のそばです。ブタの骨でだしをとり、塩味の汁をかけ、甘く煮た豚のばら肉とネギ・生姜をのせる。ソーキそばの原形。そばの店ではどこでもある。自家製小麦を使っているから、大人気です。そもそも私は麺が好きなので、友達と遊びに行ったときに初めて食べた後、すでに気に入った。日本蕎麦と違って、味はもっと濃くて、中国のラーメンに似ているかもしれない。機会があれば、皆さん是非味わってみてください。」[関佳欣さん]

 

☆“祝暁明”さんは初詣に念願の宮島へ行きました!食いしん坊の鹿に隠れながら、ずっと食べたかった「揚げもみじ(饅頭)」を食べることができました。

http://www.chinacenter.jp/diary/view/11054

ページTOPへ