心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―



心連心トップページ > 高校生招へい事業 > 留学生の今を知る > 日本の暮らしあれこれ > [vol.16]中国高校生たちが国に持って帰りたい日本のもの

日本の暮らしあれこれ [vol.16]中国高校生たちが国に持って帰りたい日本のもの

日本での約1年間を過ごした11期生たちにいろんなことを聞いてみました。彼らの感じたことをぜひご覧下さい。

Q.中国に持って帰りたいモノ!

 

<日本の教科書、参考書、辞書>

また日本に留学するかもしれないため、専門的な用語などを知らないと困るから。中国には絶対無いものだから。

• 他の国の同年代の学生が何を勉強しているか理解できるから。

日本の大学に進学したいが、教材や問題集は日本でしか購入できないから。

<たこ焼き機>

みんなで一緒にたこ焼きを作ることができる。たこだけでなく、他の食材を入れても良い。

<手帳>

携帯するのに便利、デザインが豊富、効率が良いと言った様々なメリットがあるから。

<洗濯ネット>

洗濯ネットが有れば手洗いの洗濯物も洗濯機で洗えるから。

<その他>

• 化粧品、和服・浴衣、お菓子、ふりかけ、ポン酢、カルピス原液、醤油・味噌といった特産品、ご当地限定の記念品やお菓子等。

• 経験… 経験は私しか持っていないものだから。

 

コメント

皆それぞれ持って帰りたいものがあったのですね。
中には日本ならではのもの(「たこ焼き機」や「手帳」(手帳をつける習慣は中国にはあまり無い)なども入っていますね)も沢山ありました。

関連リンク

★自分で作ったたこ焼はオイシイ~(第6期 張馳さんの日記)
お友達の家で、たこ焼party~

★美味しいたこ焼き(第10期 劉雅軒さんの日記)
初めてのたこ焼き作り、中国のお焼きのタネとよく似ているとか。

★美味しいたこ焼き(第10期 劉雅軒さんの日記)
ホストファミリーとたこ焼き作り、楽しい思い出

ページTOPへ