心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―



心連心トップページ > 高校生招へい事業 > 留学生の今を知る > 日本の暮らしあれこれ >  [Vol.9]日本に来て驚いたこと!【後編】

日本の暮らしあれこれ [Vol.9]日本に来て驚いたこと!【後編】

日本に来て驚いたこと!【後編】

前編に引き続き、第八期生のみんなに聞いた「日本に来て驚いたこと」の後編、「マナー・習慣編」です!

※内容はあくまで生徒個人の感想です。生徒の出身地や滞在地を代表するものではありません。

 

≪マナー・習慣編≫

 

◆日本料理の味

日本人は薄い味がすきだと思ったが、実はそうじゃない。てんぷらなどの食べ物は油が多いし、味噌汁も味が濃い。日本に行ってきっとダイエットできると思っていたが、先輩は十四キロも太ったそうだ。びっくりした。【喬金迪さん・大阪】

 

◆冷たいものを食べる習慣

日本の料理は味が薄く、そして、日本人はよく冷たい食べ物を食べています。中国ではよく熱いものを食べますが、日本人はよく作った料理をそのまま置いて、冷めた後に食べます。でも、熱いほうが美味しいと思います。【朱宇軒くん・埼玉】

日本人が寒さ・冷たさに強いことです。僕は寮に住んでいますが、日本人のみんなは、毎日飲食の時は冷蔵庫からのジュースやお茶を直接飲んでいます。本当に寒さに強い!【尹柏橋くん・福井】

 

 

◆礼儀

教職員室に入ろうとするとき、必ず自分の名前とクラスと探す先生を言わなければなりません。それに、一年生の先生の教職員室のドアには、入室方法が貼ってあります。中国では、ただドアを叩いて、何も言わずに入ることができます。日本人の礼儀正しさに驚きました。【韋暁晴さん・沖縄】

 

◆言葉遣いの違い

日本に来て一番驚いたことは日本人の礼儀正しさです。以前は日本で礼儀はとても大切だということを知っていましたが、どのくらいかは分かりませんでした。例えば、家では年上の人に「うん」ではなくて「はい」と答えます。あと、ご飯の時には歌を歌ってはいけないとか。今はますます慣れてきて、あちこち気をつけています。【李伊頔さん・岩手】

 

◆タオル・ハンカチ

日本人のかばんの中はいつもタオル(ハンカチ)が入っています。中国人は汗がいっぱい出た時、大体ティッシュを使います。でも、周りの人はいつもタオルを使います。クラスメートもホストファミリーもタオルを使います。そして、この前の日本人の先生もいつもタオルを使っていました。ティッシュは便利ですけど、使い捨てのものですから、環境に良くないです。だから、これからは周りの人と同じように、タオルを使うようにします!【周潔鈺さん・東京】

私が驚いたことはクラスの大半の人はタオルを肩にかけて、学校生活を送っています。これは中国では考えられない行動です。授業中に汗をふいたりする事は先生に対してとても失礼なことだからです。でも日本では、普通に、汗をふき、トイレ後は手をふき、雨の時はプチ傘として利用し、便利に使っているようです。私は来週から肩にタオルをかけて、日本の女子高校生になろうーと思っています。【遅宇希さん・和歌山】

 

◆ゴミの分別

一番驚いたことは日本のゴミの分別です。初めて寮に着いた夜に、ゴミの分け方のパンフレットをもらいました。13ページもありました!ゴミを間違った袋に捨てるのを防ぐために、物を捨てるときにまずパンフレットを見ます。そしてゴミを出すのも決まった時間帯があります。知らなかったから、何度も捨てられる時間を逃し、ゴミが積もって、匂いが出てしまいました・・・【張天鴻くん・北海道】

 

 

◆可愛いものが好き

日本に来て驚いたことは、みんな可愛い物に敏感であることです。日本の所々に様々な可愛いキャラクターが見えます。そしてディズニーのような可愛い物は大人にも大人気です。みんな可愛い物が好きです。【劉星妤さん・愛知】

 

◆気遣い

日本人の行動は思っていた以上に慎重です。自分のことをしているように見えるけど、他人のことにも気をとめています。例えば、私が自分の部屋に入ってイヤホンをつけたら、ホストファミリーはすぐドアを閉めてくれたり、あるいはテレビの音量を小さくしてくれます。【朱宇軒くん・埼玉】

 

◆親切・丁寧

公共交通機関の中とか、お店の中とか、みんなはとても親切に助けてくれます。それに、「ありがとう」とか「気をつけて」という丁寧な言葉をよく使います。【李頴超さん・東京】

私は初めて自分で学校へ行くとき道に迷ってしまいました。いらだったとき、庭の掃除をしているお婆ちゃんに会って道を聞きました。あのお婆ちゃんは私の話を聞いて、すぐ自分がしていることをやめて、直接自転車で私を目的地まで連れて行ってくれました。あのとき私は本当にびっくりして感動しました。あの親切なお婆ちゃんは、今外国に住んでいる私の心を温めてくれました。もしまたあのお婆ちゃんに会う機会があったら、私は必ずもう一回「ありがとうございました。」と言いたいです。【崔舒淵さん・鹿児島】

※内容はあくまで生徒個人の感想です。生徒の出身地や滞在地を代表するものではありません。

 

 

☆“張天鴻”くんは寮生活でのちょっとした出来事に感激!

http://www.chinacenter.jp/diary/view/11652

 

☆“喬金迪”さんは日本の街並みからファッション、食べ物まで、第一印象をまとめてみました!

http://www.chinacenter.jp/diary/view/11562

 

☆“周潔鈺”さんはホストファミリーの優しさを日記に綴ってくれました!

http://www.chinacenter.jp/diary/view/11553

 

☆“Tata”さんは自転車の練習を手伝ってくれたお友達に感謝!

http://www.chinacenter.jp/diary/view/11548

ページTOPへ