心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業 > 留学生のその後を知る > 卒業生便り

卒業生便り vol.1 第一期生 楊 彦斐さん

今の暮らし

アルバイトしている中国語教室にて。                           銀行アシスタントの仲間と。

私は今年9月から、大学四年生になります。三年間頑張ったから、単位はほとんど撮れています。四年は社会実習を行なっています。この夏休みは、銀行でア シスタントとして働いています。この仕事のおかけで、様々な人と会う事ができました。お客さんとコミュニケーションする時にも、事務室で報告する時にも、 学校や家とは違う、プロとしての態度と言葉使いが大切であることを深く感じました。本当に、社会人になると、自分にとって世界が変わると思いました。
二年前から始まった、中国語教室にも週二回通っています。子供から大人までの日本人たちと、毎週楽しく交流することができます。中国教室では、マンツーマ ンで中国語を教えています。教科書で単語を覚えたり、文法について説明したりしています。もちろん初心者のレッスンでは、ほとんど日本語で説明することが 必要です。レッスンの後には、中国語自由会話コーナーでみんなと教科書会話の練習をします。それだけではなくて、みんなは友達見たいに、見聞とか生活雑談 も楽しくしています。
休みの日は、教室の仲間たちと一緒にカラオケ行ったり、博物館へ案内してあげます。クリスマスやお正月も食事会、パーティなどのイベントを作ります。
中国語教室では、日本人の生徒さんは当然日本語ですから、私にとっては日本語の勉強にもなります。生徒たちとのコミュニケーションを通じで、たくさんいい 人と日中交流が続けることができて、ほんとに達成感が感じました。先週は、先輩の日本人教授先生が蘇州に来て、蘇州弁研究のボランティアを募集しました。
日本の高校で一年間留学した事は、本当にかけがえのない経験になりました。
留学先学校の先生たちは親切でした。時々の車ドライブも、たくさんのイベントに参加する機会をくれました。欧米から来た留学生団体との交流会、祭りなどに連れて行ってくれたことは、本当に忘れられません。
特にホストファミリーの石井おばあちゃんが、私たち三人を連れて、大阪、鳥取とか旅行も連れて行きました。昨年も大連まで来てくれて、私に会いにきてくれました!石井おばあちゃんには、いまでも大変お世話になっています!

懐かしの留学時代。                                     日本の方に中国語を教えています。

心連心の後輩たちへのメッセージ

1、日本で日本語を覚える:やっぱり違います!
日本語は使うほど流暢になります。留学生活はその言葉環境を作ってくれて、普通より早く上手になれると思います。留学した時に、みんなが話しかけてくるか ら、しゃべらないとダメだから、一生懸命日本語を覚える使命感ができました。それで、覚えた言葉をすぐ使うようになれます。
帰国後は、日本の友達と連絡を続けていますから、日本語勉強する使命感がさらに強くなっています。いろんな日本語力テストも参加する事ができて。英語だけではなくて、第二外国語が上達すれば、大学進学でもこれからの就職活動でもとても役に立つと思います。
今でも、日本の方と連絡が続いています。「日本語を忘れないでね!」を思いながら、もっともっと上手になりたい気持ちで、頑張って勉強しています!

2、親元から離れての暮らしは、難しいけど楽しい
親元から離れての暮らしは私にとって、性格や考え方が変わりました。
日本で一人では、言葉を覚える事も、新しい環境を慣れる事も、何でも自分で頑張らなければならないので、人に頼りやすいわたしが、強くなりましたと言われました。
こんな暮らしが一回できたら、今後もっと遠い国へ行っても平気だと思います。

ホストファミリーへ。

石井おばあちゃん:私の問題で連絡が取れなかったごめんね!やっと昨日電話で話しましたよね、いつも私のことを関心してくれてありがとうございます!天気が暑いから、体を気をつけてく ださいね。

ホストファミリーの石井さん

おすすめの記事

ページTOPへ