心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生招へい事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク強化事業

心連心トップページ > ネットワーク強化事業 > 大学生交流事業について

2013.3.12~18 延辺ふれあいの場交流事業 東遊記 春季関東大紀行

Event

私たちは、メディアを通じた間接的、一方的なイメージで判断される両国の現状を自分たちの手で顔の見える双方向性のある国際交流を行いたいとの想いから今回の企画を考えました。イベントでは関東地域一都六県、合計七つのブースを作り、各テーマごとに楽しめる内容を用意しました。

トップへ戻る

Team東遊記

日本&延辺の学生で チーム東遊記を結成

東遊記とは
国籍、学部学科、年齢など様々な異なるバックグラウンドを持つ早稲田大学の学生が中国に日本、特に関東各地域の良さを伝えるために発足した団体です。 このような独特かつ多様な学生ならではの視点から、今までになかったような体験をお互いに出来るように日々努力しました。

イベントを成功させるため、SNSを利用して早い段階から延辺のカウンターパートナーの学生と相互のやり取りを行いました。 イベントの目標や内容について討論の場を作り、常に意見交換を出来たことがイベントを成功させることが出来たポイントの一つだったと思います。 準備は当初想像していたよりも大変でしたが、のべ50人を超える協力者と共に創り上げた大きなイベントとなりました。 チャレンジしてよかったと感じています。

事前準備 •	現地スタッフとのE会議 •	関東地方について現地調査 •	イベント協力者の募集(日本で) 1日目:日本から出発 2日目:備品購入 3日目:イベントの宣伝・参加者の募集 [時間をかけて真剣に準備を行ったので、やりがいの共有などをうまく行えました。 ]
本番 •	関東地方の紹介と体験•	参加者の中長期的な関係作り 4日目:高校でのイベントを実施 5日目:搬入、設営 6日目:本番 参加者アンケートの回収、日本からの郵便物回収 [200人を超えるたくさんの方に参加してもらえました! ]
今後の活動予定 •	ウェブの原案作成 •	アンケートの集計・事業報告書の提出 •	日中学生の継続的な交流活動 •	郵便物発送 7日目:帰国[イベント当日のみの交流で終わらないように引き続きメッセージのやり取りなどを通じ関係を保っていく予定です。]

アンケート結果

Q:最もよかったブースは何でしたか?
満足率は驚異の九割超え!! ブースごとでは栃木が一位を獲得!! おめでとう!!

メンバープロフィール

日本学生
川居 和樹(かわい かずき) 周 宇彤(しゅう うとん)贾小娜(かしょうな)原 将一朗(はら しょういちろう)範 雨渓(はん うけい)
中国学生
鄭香雪(ていこうせつ) 金秀峰(きんしゅうほう) 南妍利(なんけんり) 李明美(りめいび) 齊偉(さいい)

ページTOPへ