心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生招へい事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク強化事業

心連心トップページ > ネットワーク強化事業 > 大学生交流事業について

中国ふれあいの場大学生交流事業
2014年3月24日~4月2日 昆明ふれあいの場 日本文化体験イベント JAPANESE SPRING FESTIVAL

2014年3月、昆明ふれあいの場にて開催した日本文化体験イベントJAPANESE SPRING FESTIVAL。「日本の文化を、五感を使って体験し、知ってもらおう!」というのが、本イベントの目的です。イベントを企画するにあたり、「日本文化といっても何を紹介すればいいのだろうか?」と悩みました。そのとき着目したのが、イベントの開催時期。3月は、ちょうど中国も日本も春にあたるため、季節にちなんだ日本文化を紹介しようと考え、春の年中行事をテーマに選びました。

「日中絆むすび隊」は、宮城大学3年生のグループです。

私たち日中絆むすび隊は、国際交流基金日中交流センターの平成25年度大学生交流事業で、3月24日から4月2日まで、中国雲南省昆明に滞在し、雲南師範大学の学生と共同で、日中交流イベントを行いました。本番に向けて、何ヶ月も前から雲南師範大学の学生と協力し合い、準備してきました。その結果、現地で2日間にわたって開催した交流イベント「JAPANESE SPRING FESTIVAL」には、200人を超える来場者があり、大盛況でした。

節分 ブース

準備の様子

豆まき体験(的あてゲーム) みなさん得点の高い的をめがけてバンバン豆を投げていました!日本の駄菓子などの景品も大好評でした♪

豆食べコーナー 日本で節分の豆まきに使用する落花生の試食コーナー。休憩も兼ねて、豆の試食をする人がたくさんいました!

節分紹介展示 節分の歴史や伝統的な習慣について、展示物で紹介。中国語と日本語を並べて書いていたことが好評でした!

ひな祭り ブース

準備の様子

ちらし寿司づくり・お吸い物試食 一番人気だった、ちらし寿司づくり・お吸い物試食コーナーは大盛況でした!ちらし寿司づくり体験者にはお吸物の試飲を配りました!

ひな人形折り紙 ひな人形の折り紙を折り、それを自由にペイントできるこのコーナーも大人気でした。みんな、おひな様をかわいくペイントしていました(*^^*) みんなでペイントしたお雛様です♪

こどもの日ブース

準備の様子

コスプレ撮影 着物や法被、忍者など様々な日本のコスプレをして、写真撮影をするコーナー。好きな衣装を選んで、みんな素敵な笑顔で写真を撮っていました(^^)

こいのぼりメッセージ こいのぼりの鱗を模したカードに、日本へのメッセージを書いてもらいました!温かいことばが多く、とてもうれしかったです(^-^) 完成品は、宮城大学に展示しています

菖蒲湯 菖蒲湯で手浴&マッサージが受けられるコーナー。菖蒲の香りと温かい湯に、みなさんとても癒されている様子でした!

青葉祭りブース 毎日、カウンターパートと一緒にすずめ踊りの練習をしました。その成果もあり、みんな上手に踊れるようになりました!みんな楽しそうです♪

準備の様子

すずめ踊り体験 午前の部と午後の部で1日2回来場者とカウンターパートと一緒に楽しくすずめ踊りを踊りました♪会場が1つとなり、一体感が生まれました。

扇子絵付けコーナー 来場者全員に扇子を配り、自由に絵を描いてもらいました。桜など春らしいものを描く人が多かったです。

すずめ踊り演舞映像 イベント会場の一角で、青葉祭りの演舞映像を流していました。興味を持ち、立ち止まって観てくれる人が大勢いました!

日本語授業

日本の伝統的なカルタ遊びを通して、楽しく、ことわざや歴史的仮名遣いを一緒に勉強しました。

講義~歴史的仮名遣い&代表的なことわざ紹介~

歴史的仮名遣いって難しい ( ..)φ

かるた遊びを体験!

みんな真剣です(^^)

チームで一番カルタを多く獲得した人には、日本の駄菓子や食玩などの景品を!とても喜んでもらえました♪

ほかにも、こんなことをしてきました!

学内見学

昆明市内を案内してくれました

食事は学食で!

時には学外で地元ゆかりの料理も

先生方、カウンターパート全員で打ち上げ!

みなさんが歌の披露をしてくれたり、人気ブース発表があったりと盛り上がり、あっという間に時間が過ぎていきました!

事業を振り返って

事業を終え、メンバー全員が、チーム名の通り、日本と中国との「絆むすび」ができたことを、実感しています。また、お互いの文化を知るためには、対面しての交流や、相手の文化を自身で体験することが必要だとも感じました。その点において本事業は、イベントの実施やたくさんの交流を通して、日中両方の文化を伝え合うことのできた素晴らしいものとなりました。この体験を、今後も国際的な交流活動に生かしていきたいと思います。日中絆むすび隊

イベント終了後には、みんなでTシャツに寄せ書きを。別れは惜しいですが、涙ながらに「必ずまた会おう」と誓い合いました。

節分チーム

  • 劉 正平

    今回のイベント活動を参加した私は本当にラッキーと思う、みんなと一緒に一生忘れない思い出をつくった。本当にありがとう。これから、こんな面白い活動を参加したい。もっとたくさんの日本の友達を作りたい。

  • 李明良

    今回の交流活動を通して、中国の皆さんと共同作業を行い、チームワークの本当の大切さをしみじみ感じました!この大切な気持ちを心に刻んでこれからの交流事業に努力し続けたいと思います。

  • 于 鳴寰

    今回の珍しい体験を頂いて、本当にありがとうございます!日本の大学生といろんな交流をして、とてもうれしかったです。皆さんのおかげで、活動が順調になりました。こういう交流活動はもっと多いほうがいいと思います。

  • 和田 楓

    国を越えた絆を結び、大切な友達がたくさんできました。毎日が充実した日々で、みんなと過ごした一瞬一瞬が、かけがえのない思い出です。また必ず中国へ行きたい!中国そして中国人のことをもっと知りたい!と思える体験でした。

ひな祭りチーム

  • 毛 亜清

    今回の旅のおかげで、いろいろな人と出会って、いろいろな体験をして、本当にいい思い出になりました。頑張っている中国の学生達の姿を見て、自分も負けないように頑張らなければならないことに気づきました。

  • 陸 小青

    今度の活動はとても楽しかった!みんなと一緒に、いろいろ勉強した。こころから皆さんに感謝しています!

  • 王 子威

    中国や日本の学生たちと一緒にプログラムを完成し、異文化コミュニケーションを成し遂げました。自分の勉強の成果を試し、日本語のレベルを向上させました。参加者全員はいい友達になって、中国と日本人とお互いの文化をたくさん分かち合いました。

  • 坂本 明恵

    国を越えて友情を築いていくことの素晴らしさを実感しました。この気持ちをいつまでも忘れず、交流を続けていきたいです。本当に貴重な経験になりました。

こどもの日チーム

  • 佐々木 奈央

    中国で過ごし、みんなで協力してイベントを成功させることができたこの経験や、多くの友達との出会いは私の一生の宝物です。出会いに感謝。

  • 金 秀茹

    今回のイベントはとっても面白かったと思います。日本の文化も触られて、本場の日本語も勉強できて、どっちでも最高です。

  • 周 婧怡

    この活動を通じて、みんなに会って、楽しかったです。みんなの笑顔忘れません!(^^)

  • 小泉 晴香

    中国の方々との出逢いや、共にイベントを運営するという体験は、私にとてもよい刺激を与えてくれました。一生忘れられない旅になりました。

カウンターパート以外にも、約60名の学生がイベント運営に協力してくれました‼ みんなの意欲と熱意のおかげで、イベントは大成功をおさめました(^O^)!

昆明から帰国後、重慶ふれあいの場で交流イベントを行った岩手県立大学のチームと合同で、帰国報告会を行いました! 報告会では、昆明のことはもちろん、現地で実際に感じたこと、友情を育んだカウンターパートのことなど、たくさんのことを紹介しました。

合同帰国報告会レポートはこちらから!
http://www.chinacenter.jp/information/view/101

トップへ戻る

ページTOPへ