心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 日中交流センターとは > 【速報】心連心第12期生が来日!

日中交流センターからのお知らせ

【速報】心連心第12期生が来日!

日付:2017.09.21

秋の気配が漂い始めた2017年9月5日、日中交流センターの実施する「心連心:中国高校生長期招へい事業」第12期生の中国人高校生30名(男子10名、女子20名)が、成田空港に降り立ちました。

高校生たちは、北は北海道、南は沖縄まで日本全国に散らばり、これから約1年間の留学生活を送ります。まずはそれぞれの生活地への出発に先立ち、東京都内で4泊5日の「来日研修」を実施しました。

研修では、これからの留学生活における注意事項、ホストファミリーや友人との付き合い方等についての確認をし、専門家による「挨拶・食事マナーに関する講義」、「異文化適応に関する講義」を受けました。また、実際に街に出て電車の切符の買い方・乗り方や日本の交通ルールを学びました。郵便局や交番等にも行き、これから日本で生活する上で必要な知識を得ました。池袋防災館での地震体験では、大きな揺れを実際に体験し、皆驚いていました。


また、外務省と駐日本中国大使館教育部へ表敬訪問し、外務省では安藤俊英大臣官房参事官、中国大使館教育部では胡志平公使参事官から、日本での生活に対する心構えなどの講話をいただき、皆熱心に聞き入っていました。


9月8日には、受入校の先生やホストファミリーの方々、事業関係者をお招きし、第12期生歓迎レセプションが開催されました。先生やホストファミリーとの初対面を果たした12期生たちは、始めのうちは緊張もあり少しぎこちない様子でしたが、すぐに楽しげな笑い声があちこちで聞こえていました。


そして翌9日、各受入校の先生及びホストファミリーの皆様との正式な「対面式」を終えた後、30名の高校生たちは不安と期待を胸に、それぞれの場所へと旅立っていきました。30名のフレッシュな『心連心親善大使』の船出です!皆様、どうぞ彼らの成長を楽しみに、見守っていただければ幸いです。日中交流センタースタッフ一同も、全力で彼らをサポートして参ります。

 

12期生たちの留学生活の様子は、生徒の日記ページからお楽しみいただけます。どうぞご覧ください。

第12期生の日記、続々公開中!

http://www.chinacenter.jp/diary/index

※来日研修で行った「マナー講座」がNHKワールドラジオ(中国語)で取材されました。こちらからお聞きいただけます。※

心連心:中国高校生長期招へい事業「マナー講習」取材(中国語)https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/zh/radio/listener/201709080600/ 

ページTOPへ