心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > ふれあいの場事業 > イベントレポート

イベントレポート

日本の茶道の体験活動

2018年度

2018年4月29日(日)

4月29日に中山大学付属中学校で、広州ふれあいの場の協賛で「日本の茶道の体験活動」が行われました。

このイベントに約40人の中学生が参加しました。イベントは三つの部門に分けられ、まずは、先生が茶道の道具について紹介しました。先生が茶筅、茶杓、茶碗など、中国のカンフーチャ(功夫茶)と区別しながら紹介しました。次に、日本の茶道の歴史において有名な人物を紹介しました。『喫茶養生記』を著した栄西や、貴族の茶文化と民間の茶文化を結んだ村田珠光や、簡素・清浄な茶道を大成させた千利休などを紹介しました。

最後は、最も人気がある作法の実習でした。6人の学生が正しい作法を3回演じた後、ほかの学生が実習しました。「お茶を飲む前にお菓子を食べるのは面白いです。」「お茶を点てるのは難しいです。」「お茶には相手への尊敬する心が含まれています。」「細かいところまで注意しなければなりません。」「茶碗がきれいです。」とみんながいろいろ体験しました。

正な茶室はありませんが、みんな楽しく茶道を体験しました。茶道から日本の伝統文化と精神を感じました。

翻訳:広州ふれあいの場スタッフ

 

 

ページTOPへ