心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > ふれあいの場事業 > イベントレポート

イベントレポート

和服着付け大会

2018年度

2018年5月31日

 皆さんの長い期待のもと、私たちは一年に一度の和服着付け大会を迎えました。今回の大会は、重慶ふれあいの場の隣の和室で行いました。大会は、戦穎先生と張毅先生と田莎莎先生に審査員をしていただきました。

 大会は、和服の着付けと風呂敷の二つの部門に分かれていました。16名の選手が8グループに分けられて、4グループずつ30分以内に着付けをしなければならないことになっています。和服着付けの形式は前回と同じで、一人はモデルになり、そのパートナーが和服を着付けてあげます。前回と違うところは、今回のコンテストは四季をテーマにしていたことです。くじ引きで選手が着付ける和服の季節が決まります。

 司会の「では、今回の和服着付け大会を始めましょう」という声で大会が開幕し、選手たちは早速登場して急いで着付けを始めました。選手たちはみんな30分以内で見事に完成させました。

 

 

 和服着付けの次は採点とコメントです。審査員はモデルの髪型、化粧から、和服や帯の選択と色の組み合わせまでコメントして、選手だけでなく観衆にとっても良い勉強になりました。最後、審査員の評価に基づいて、一等賞、二等賞、三等賞が決まりました。そして、受賞者に賞品と証書が授与されました。

 楽しい時間はいつも早いです。コンテストは2時間で終わりました。選手たちと先生は一緒に記念写真を撮りました。蝉の鳴いた午後に、一緒に美しい着物を着て、きっと、みなさんにとって美しい思い出になるでしょう。

 日本の和服文化を間近に体験することができて、みんな楽しそうでした。来年の更に素晴らしい和服着付け大会を楽しみにしています。

翻訳:重慶ふれあいの場スタッフ

 

 

ページTOPへ