心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > ふれあいの場事業 > イベントレポート

イベントレポート

日本人との交流会

2018年度

 2018年5月26日土曜日、昆明ふれあいの場主催の「日本人との交流会」が雲南師範大学呈貢キャンパスで行われました。今回のイベントは雲南師範大学和園big treeレストランと図書館の一階で行われました。雲南師範大学、雲南大学、雲南民族大学の日本語学習者と愛好者、及び昆明在住の日本人計約70人が今回のイベントに参加しました。

 今回のイベントは料理作り体験、ゲーム、グループ交流の三つの部分に分かれていました。活動を通じて、みなさんは日本語の会話力と聴解力を高めると同時に、カレーライスとたこ焼きの作り方、剣玉リレーやドッチボールの遊び方を習い覚えました。

 26日午前10時から午後1時まで、イベントに参加する先生と学生たちは和園big treeレストランでカレーライスとたこ焼きの作り方を習いました。学生たちはまず用意した食材を洗って切りました。その後、田保愛明先生ご夫婦の指導で、カレーライスとたこ焼き作りを体験しました。12時に料理は全部出来上がり、みんな一緒に食べました。とても美味しかったです。レストランの片付けをしてから、みんな図書館に戻って、午後の活動に入りました。

 

  

 午後1時、みんな図書館一階の外の空き地で、グループに分かれて、剣玉リレーとドッチボールというゲームをしました。みんな協力し合って、仲良くなりました。

 午後2時、みんな図書館一階の日本語コーナーに移動しました。3、4人の日本人と十数人の学生から成る二つのグループに分かれて、日本語でコミュニケーションをしました。最初は自己紹介から話して、後は自由にいろいろなテーマで交流しました。交流はとても面白かったです。みなさんの笑い声の中、午後3時半に今回の交流会が終わりました。

 今回のイベントは活発な雰囲気に包まれ、先生も学生も積極的に参加して、好評を博し、よい効果を収めました。学生たちは日本語のレベルを向上させ、大いに収穫があったと思われます。

翻訳:白子圓

ページTOPへ