心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > ふれあいの場事業 > イベントレポート

イベントレポート

日本語コーナー

2017年度

2017年12月13日の夜

 大学院校舎のA107教室で、日本語科一年生及び長沙ふれあいの場主催による日本語コーナーが開催されました。今回の活動はアニメ鑑賞とアニメ吹き替えがメインテーマで、学生の皆さんが日本語学習に対する興味を高め、日本語に興味を持っている多くの人たちに交流の場を提供し、本当の日本風情を感じてもらうことが目的です。それと同時に、学生たちが勇気を持って日本語で話し交流することで、日本語の能力を高める一助にもなりました。

 活動は日本アニメの上映から始まりましたが、会場の雰囲気を存分に盛り上げ、且つ今回の活動テーマであるアニメにつながりました。そして、司会者の案内で、皆はグループに分かれて、とてもエキサイティングな仮名ゲームをしました。皆は語彙力を競い、現場の雰囲気は大いに盛り上がりました。その後、竹澤先生が司会になり、会場にいる全員が仮名ゲームに参加し、続いて次のPPT講演に入りました。日本語科の各クラスの代表が順番でステージに立って、自分の大好きなアニメ文化について話し、皆さんから強い共感を得ました。それから、参加者が自由に討論し吹き替えを練習して、竹澤先生や佐藤先生、瀬口先生が別々に指導を行い、活動の盛り上がりも最高潮になりました。最後に、佐藤先生が審査員となり、瀬口先生が仮名ゲームの優勝チームと吹き替え大会の優勝チームに賞を授与しました。

 今回の日本語コーナーの活動では、皆さんの参加意識が高く、日本語の会話能力を磨くために積極的にコミュニケーションを取ったことで、会場の雰囲気が非常に盛り上がり、大成功を収めることができました。

翻訳:長沙ふれあいの場スタッフ

ページTOPへ