心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > ふれあいの場事業 > イベントレポート

イベントレポート

小説「吾輩ハ猫ニナル」についての講座

2017年度

2017年10月22日(日)

 10月22日、趙海涛博士は惟義楼教室で横山悠太の小説「吾輩ハ猫ニナル」についての講座を行いました。先生は初めて日本に行ったとき、道の右側を歩いていて危うく正面から来る自転車と衝突するところだったという日本での恥ずかしいエピソードから、中国と日本の文化の違いを述べ、小説の内容と関連させ、自然な形で本題に入りました。

 この小説は、中国語を学ぶ日本人を読者に想定した小説で、作者は日本語のルビをつけた中国語を直接文章の中に導入しており、日本の文学界に大きな影響を与えました。中国で生活していながらも、なかなか中国社会に溶け込めず、母語の日本語もほぼ忘れてしまった結果、日本文化にも中国文化にも属せず窮地に陥っている主人公の現状を通して、文化の違いへの新たな思考を呼びかけました。講座には多くの学生が積極的に出席し、いろいろと質問しました。

翻訳:南昌ふれあいの場スタッフ

 

ページTOPへ