心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > ふれあいの場事業 > イベントレポート

イベントレポート

アフレコ大会

2017年度

2017年6月15日(木)

   長い間待ち焦がれていた「第一回日本語アフレコ大会」が弘德楼2303号室で行われました。今回の大会は、昨年の日本旅行文化PPT大会とは異なる新しい形式、新しいテーマで「アフレコ」をすることになりました。大会には日本語学科の学生たちと先生方約70名が参加してくれました。審査員は日本語学科の戦先生、倪先生と梅先生のお三方にしていただきました。また、日本語教師の植松先生と松木先生も出席してくださいました。

   司会者が大会の内容とルールを簡単に説明したあと、5人グループに分かれた出場者たちは次々と登壇しました。出場者たちは音を消したビデオを用意し、自分の声でその内容を演じました。ビデオの内容は様々で、例えば、人気アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』や、『千と千尋の神隠し』など、出場者たちの演技を見た観衆は心を打たれました。また、出場したチームの中で2グループは同じアニメを選択しましたが、全く異なる演技をして見せました。会場には拍手が響いて、とてもにぎやかな雰囲気が漂っていました。

   楽しい時間が経つのは早いものです。一、二、三等賞が決まったあと、先生が出場者たちに賞品と証明書を授与しました。そして、学生たちと先生方は一緒に記念撮影を行い、今回のアフレコ大会は幕を閉じました。

翻訳:重慶ふれあいの場スタッフ

    

ページTOPへ