心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > ふれあいの場事業 > イベントレポート

イベントレポート

日本書道の体験講座

2017年度

2017年3月11日(土)

   3月11日午後、昆明ふれあいの場と北京日本文化センター(国際交流基金)が主催した日本書道の体験講座が、雲南師範大学呈貢キャンパスの図書館で行われました。今回の講座では、北京在住の日本語専門家である翠(Midori)先生が講師となり、雲南大学・雲南大学滇池学院・雲南師範大学・雲南師範大学文理学院・雲南民族大学・雲南芸術学院からの日本語学科の学生及び日本語愛好者の総勢50名が参加しました。

   翠(Midori)先生は日本語の文字である平仮名の由来と変遷を紹介し、きれいに書く方法を説明しました。参加者はまず筆ペンでA4紙に少し練習してから、先生の示した模範に見習って料紙(装飾されたハガキ)を作り始めます。その後、金箔と水彩絵の具を使って紙に色づけをしていきます。最後に、乾かした料紙に松尾芭蕉の俳句を書いてから出来上がりです。日本書道と料紙作りは、多くの参加者にとって初めての経験となり、このようなイベントに参加するのはとても面白い、と大好評でした。

      

翻訳:昆明ふれあいの場

ページTOPへ