心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > ふれあいの場事業 > イベントレポート

イベントレポート

中秋節新入生歓迎会

2018年度

2018年9月22日(土)

 9月22日午後、18級の日本語学科新入生との友好関係を増進するため、済南ふれあいの場が主催し、学部生2年生の顔銘一さん、張家豪さんなどの企画により、年に一度の日本語学科新入生歓迎会がB234教室で盛大に開催されました。

 イベント前期には、組織者たちは教室の申請、音響レンタル、番組の収集整理、番組表の制作、進行の原稿などの準備を行いました。また、事前にインターネットを利用してお知らせを伝えました。午後5時半に、18級の学生たちが教室を丁寧に飾り、2人の新入生責任者は皆さんにおやつと飲み物を用意し、観客の入場を導きました。

 

 午後6時半、司会者の顔銘一さん、張家豪さんは皆さんに心をこめた中秋節の祝福を送る中、歓迎会が正式に始まりました。最初の催しは、18級の日本語2組532寮が合唱した「夏のように秋のように」です。その後、2つのクラスの同級生たちが「ハト」、『告白気球』、『私たちと一緒に歩いた時』などのクラシックの歌を歌い、また80年代の小虎隊の踊りを披露し、在席の皆さんが熱烈の拍手をし、歓迎会は歓声の中で順調に行われていました。

  

 その後のゲームコーナーでは、王聡睿さんは18級の新入生をつれ、17級の先輩たちとやりとりをし、「ジェスチャーで成語を当てる」「正話反説」などのゲームが行われ、その面白い演技は皆さんを笑わせました。雰囲気が徐々にクライマックスになってきました。 

  

 次に、18級の新入生はまた、「どんなに変わっても、あなたのことが好き」、「紙短情長」、「琴師」「桜の木になる」などの素晴らしい歌を奏でてくれました。また、外国語学院十大歌手の受賞者である朱文程さんも「いい」という歌を歌い、みなさんの好評を得ました。

 

 出演者が続々登場し、歓迎会は温かい雰囲気の中で終わりに近づいてきました。最後に、皆さんは「追光者」を斉唱して、多くの学生を感動させました。皆さんの拍手の中で、今回の新入生歓迎会を無事に終わりました。

 多くの他省出身の新入生たちは、中秋に家に帰れないのは残念ですが、この会合で家族のような暖かさを感じていたと言いました。最後に今回の歓迎会を記念するため、皆さんと記念写真を撮りました。

 今回の新入生歓迎会を通じて、学生達がお互いにもっと深く理解し、距離を縮めることができました。 

翻訳者:済南ふれあいの場 任軼

ページTOPへ