心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > ふれあいの場事業 > イベントレポート

イベントレポート

和風のお菓子で中秋節を迎える 

2018年度

2018年9月19日(水)

 9月19日、中山大学広州ふれあいの場の協賛で、「和風のお菓子を作って中秋節を迎えるイベント」が中山大学付属中学校の日本語クラスで行われました。

 労先生が和風のお菓子の材料と作り方を紹介した後、学生のみんながつくり始めました。

 上手に餡を包み込めないで悩んでいる人もいるし、どちらの模様で作ろうかと悩んでいる人もいます。独特な形でお菓子を作った人もいます。 みんなはやる気満々で体験しました。現場の雰囲気が大変盛り上がりました。

 白泓先生が特別ゲストとして現場に登場し、みんなにお菓子の作り方を教えました。みんなが分からないところを白先生と労先生に聞きました。

 自分の作ったお菓子をオーブンに入れた後、出来上がりを楽しみに待ちました。お菓子はまもなく出来上がり、みんなで楽しく自作のお菓子を味わいました。

 このイベントの後、みんなは「日本の伝統的なお菓子に対して、さらに興味を持ちました」、「お菓子の手作り体験はおもしろいです」、「日本の食文化をさらに深く理解しました」などと言っていました。

翻訳:中山大学付属中学校 労翠月

 

 

ページTOPへ