心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業について > 日記一覧 > 陳天行さんの日記

陳天行さんの日記

2018の前書き

2018.01.05

 いつの間にか、2017年のカレンダーははがされて、2018年がやってきました。なくなった時間がもう戻せないが、大切な思い出がまた心に残っています。悔しいため息もあれば、未知の未来への期待と不安もあります。

大晦日から、私が岩出市の坂さんの家に二日間住みました。坂さんの家には3人の子供もいて、とてもにぎやかでした。みんなテーブルのまわりに座って、テレビでお笑い番組を見ました。文化の違うからかもしれないが、よくみんなが笑い時、なにがおもしろいか理解できません。ちょっとこまったけど、にぎやかな雰囲気の中にあなたの年が始まりました。元日の朝、餅を食べた後、初詣でに出かけました。手を洗って、神社に入りました。その神社はあまり大きくなくて、この近くの住民がここに集まって、焚き火のまわりであたたまりました。賽銭を箱に入れて、坂さんたちを真似して、参拝しました。神社を参って、イオンモールに連れられてもらいました。私たちが関西空港の近くのイオンモールに行きました。イオンモールはでっかいデパートで、元日なので、各店が初売りしていました。入り口にさまざまな福袋が並べてあって、ある店の福袋はもう売り切れました。デパートの屋上には望遠鏡があって、それで海の対岸を眺めると、空港の飛行機がはっきり見えました。忙しい空港を見て、つい「これらの飛行機の中、私の故郷に通っているのがあるかもしれないね」と思い始めました。日いつものようにが地平線に沈んでいます。新年の一日目がもうすぐ終わるが、2018が始まってばかりです。中国の家族も友達も、私と一緒に新しいスタートを迎えているのが感じしました。

2017がもう過ぎました。喜びも悲しみも全部思い出になりました。変わったのはカレンダーの上の数字だけ、生活がまだ続いています。新しい喜びも悲しみもまた絶えず出ます。私にできるのは、いつものように、希望を抱いて、努力を続けることです。

2018年、よろしくお願いします!

  • これは日本語で投稿されたものです

コメント

  • ふーちゃんさん

    陳くん、こんにちは、日中交流センターの後藤です。お笑い番組を理解するのはなかなか難しいよね~~私も中国の春联の“小品”はまだまだ理解できません(~_~;)関西空港ちかくの大きなイオンモールから飛行機の離発着を眺めて、すこしホームシックになっちゃったかな・・・?残り半年の留学生活も楽しく充実した日々が送れるように頑張っていきましょうね!

  • 大滝さん

    後藤先生も言っているけれど、外国のお笑い番組のおもしろさを理解するのはなかなかハードルが高いよね。でも日本ではどのようなお笑いがあるのか、日本人にはどのようなお笑いが人気があるのかをじっくり観察・分析するのもいいかもね。イオンモールの駐車場、車多いね。日本にきてからの4ヶ月、楽しいことばかりではなかったと思うけれど、陳君が成長するために必要な過程なのだと思います。そしてそれは一人では決して行うことができないものです。周りのひとへの感謝、そして自分に対する反省と励ましを忘れずに、2018年も頑張ってね。

ページTOPへ