心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生招へい事業について > 日記一覧 > 楊 鉄寧さんの日記

楊 鉄寧さんの日記

4月

2017.04.08

卒業式&入学式  

      4月是樱花盛开的季节,也是分别说再见和迎接新的开始的季节。都说清明时节雨纷纷,此时相隔两地的故乡和他乡都下着淅淅沥沥的小雨,诉说着春的故事。  

      我有幸加入学校的吹奏部,参加了两次截然不同的仪式——毕业式和入学式。举行的场所都是在体育馆,馆旁就是穿过校园的一天河,河边栽满了樱花树。毕业式之时,空气里还透着一丝凉凉的气息,河边的樱花还只有三两朵冒上枝头,管内的座椅整齐的排列着。天气阴冷,气氛庄严。十点钟,毕业班在老师的带领下一一入场,发表讲话后,吹奏部合唱了校歌、佛教的歌曲。之后大屏幕上显示出了三年来毕业生点点滴滴学校生活的照片,有的人看着看着笑出来了,有的人笑着笑着却哭了出来。最后,在合奏下,毕业生昂首挺胸带着美好的笑脸缓缓走出场馆。我不禁被这庄严而带有感伤的毕业典礼所感动,部活的大家也触感生情,看着向我们微笑的高三前辈的,久久不能心情平静。

       转眼而逝的不只是樱花满开,还有时间。一年的生活过半,我也升入了二年级,同时也迎来了高一新生的入学式,看着他们,我想起了刚来的这里的去年的自己,对一切事物还是懵懂,不熟悉。而现在,我以前辈的身份看着学弟学妹,真是时过境迁啊。飘落河中的樱花缓缓飘过,留下暖春的颜色。

コメント

  • 村田さん

    先輩さん達とお別れする卒業式と、新入生を迎える入学式、異なる二つの場面に立ち会うことが出来て良かったですね。新1年生の姿が去年の自分に重なって見えたとのこと、改めて自分の成長を実感できたのではないでしょうか。これからは楊さんが後輩達の良い手本となって、彼らが楽しい学校生活を過ごせるように力を貸してあげて下さいね(^ ^)

  • ふーちゃんさん

    楊さん、こんにちは!日中センターの後藤です。桜が綺麗に咲いている中で日本の卒業式と入学式に参加したことは、とても良い体験でしたね。中国では一般的にどんな風に卒業式や入学式は行われるんですか?後輩たちの初々しい姿を見て、楊さんも初心を忘れずに残り半分の留学生活を頑張って下さいね!

ページTOPへ